フォトクリアについて

photoclear

フォトクリアとは

フォトクリアとは光線力学療法で、人体に影響のない光線を使った治療です。
ニキビやしわ、くすみ、目の下のくまなどに効果があるといわれ、様々な肌トラブルに対応した治療法です。

肌の若返り効果が期待でき注目の高いフォトクリアですが、なかでもニキビに対してかなり効果が高いそうです。
フォトクリアは痛みも副作用も無いといいます。

フォトクリアはニキビの原因となるアクネ菌を除去する効果があり、ニキビによる炎症も肌を傷つけることなく治療できます。

また、血行がよくなり、くすみや目の下のくまを改善し、さらにはコラーゲン修復・再形成を促すので、毛穴を引き締め、しわやたるみにも効果的で、肌の若返り効果が期待できるそうです。

ただ一回の照射では効果の実感が殆どありません。
症状に応じて、間隔をあけて数回照射をうける必要があります。

料金は病院によって違いがあるものの、比較的良心的な価格になります。
1回あたり1万円未満での施術が多いので、コスト面からみても比較的受けやすい治療と言えるのではないでしょうか。

フォトクリアとフォトフェイシャルの違い

フォトクリアとフォトフェイシャルのニキビ治療との違いは、光線がもつ肌への効果といえます。

フォトクリアは主にニキビ治療に強く、毛穴の殺菌効果に有効です。
またリンパの流れがよくなり、血行促進効果があるため、肌の若返り効果が期待でき、目の下のくまなども改善されるといいます。

一方、フォトフェイシャルもフォトクリア同様にニキビにも効果が期待できるようですが、フォトクリアとは本来目的が違うものです。
フォトフェイシャルは皮膚の深層深部に届く光を使い、シミやシワ、タルミなどに大変効果的な治療法です。

治療費もフォトクリアは殆どの場合、1回1万円以下でうけられますが、フォトフェイシャルの場合は1回の治療でも数万円かかるのが通常です。

ニキビ治療に関して言うならば、まずフォトクリアで治療を受けてから、フォトフェイシャルでさらに肌を整えるなど、併用して治療を受けるほうが、より綺麗な肌を取り戻せるのではないでしょうか。

フォトクリアとフォトフェイシャルは似たものですが、ニキビ治療に対しても効果の違いがあることは認識しておきましょう。
そのうえで、より自分の症状にあった治療を受けられるよう、医師としっかり相談しましょう。

マイクロフォトイオン NHDS-3」は、マイナスイオンとフォトクリア効果で、美容液の成分をお肌の奥まで浸透させる家庭用美顔器です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする