挙筋法について

kyokinhou

挙筋法とは

挙筋法とは埋没法による二重整形手術の方法で、安全でもとに戻り難い確実な二重整形手術だと言われています。
埋没法には挙筋法のほかに瞼板法という方法もあります。
挙筋法は角膜を傷つけないとも言われており、この方法を取り入れているクリニックも多いです。

挙筋法と瞼の癒着

もともと二重の人は挙筋腱膜によって瞼板と皮膚が癒着することでラインが作られていますが、
挙筋法のという埋没法の一つである二重手術はその原理を応用したものです。
糸で瞼を留めて癒着、つまり二重のラインのクセを作って二重を人工的につくる方法です。
挙筋法は糸を取れば癒着がとれるので、元の瞼に戻すことも可能です。

挙筋法と瞼板法を比較すると

埋没法には挙筋法と瞼板法とがあり、比較してみるとどちらにもメリットデメリットがあります。
例えば挙筋法はもとに戻り難く、腫れも痛みも殆どない、安全な方法といわれる一方、瞼板法は瞼の浅いところで止めるため二重の幅が狭くなりにくい、眼瞼下垂になりにくいと言われています。

挙筋法のデメリット

挙筋法にもやはりデメリットは存在します。
例えば、将来的に眼瞼下垂になりやすい、術後もとに戻したい時に糸が取り難い、また糸が取れやすいなどのデメリットがあげられます。
もちろん瞼板法にもデメリットはあります。
クリニックによって手術法が異なりますので、事前にしっかりとカウセリングを受けどちらの方法が適しているのか判断できるといいですね。

挙筋法による腫れについて

挙筋法は比較的腫れが少なく、痛みも少ないと言われている埋没法ですが、やはり麻酔や体に異物を入れる以上ある程度の腫れや痛みはつきものです。
ですが、人前に出れないような腫れはあまりないようで、眼鏡などでも十分ごまかせる程度といった声が多いですが、完全に腫れが引いて自然になじむまでには一般的に1カ月程度の期間は要します。

挙筋法の術後の抜糸について

挙筋法は瞼の裏側から糸で二重を作る埋没法という手術ですが、二重の幅が気に入らなかったり、術後取れてしまった、やっぱり元の瞼に戻したいと思った場合、瞼を留めている糸を抜糸することができます。
術後2年未満であれば比較的取りやすいそうですが、術後長い年数がたつにつれ抜糸が困難になってきます。
また、期間が長ければ糸を取った後でも二重のラインが出来てしまっているため元の瞼には戻らない可能性も十分考えられます。

挙筋法の経過ブログ

http://blog.livedoor.jp/himemoe/

このサイトは実際に挙筋法による二重手術を受けた人が経過を記録したブログです。
挙筋法で手術を受けた後の実際の経過を記録しているので、今後手術を考えている人にとってとても参考になると思います。
見た目も自然で綺麗な二重が形成されています。
挙筋法を検討してる人は、こういったサイトを参考にしてみましょう。

ローヤルアイム リピは、皮膚を接着しない、透明な人口皮膜を作る二重まぶた形成化粧品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする