花粉症による肌荒れへの対策

kahunsho-hadaare

花粉症による肌荒れへの対策

花粉症は様々な体の異変を引き起こしてしまいます。

花粉症などのアレルギー症状疾患を持つ人は、他の疾患を併せ持つ人が少なくありません。
アトピー体質や鼻炎などを持っている場合も多く、花粉症になりやすい人の傾向として、冷え性やストレスのある方、また食生活などに偏りがある方などです。

こういった症状は花粉症だけでなくニキビなどの肌荒れ症状も起こし易く、アトピーも発症しやすいです。
また、アトピー体質ではないとしても、花粉症になると、鼻をかむ行為で皮脂までふき取ってしまい、鼻の下がこすれて炎症をおこすなどの肌荒れもおこしがちです。

また目をこすることでも、その刺激でしわをつくったりしてしまいますので注意しましょう。

花粉症の季節には、病院でしっかりした薬を処方してもらって、少しでも他の疾患を併発させないように気をつけていきましょう。

花粉や肌荒れ対策として、しっかり室内の保湿や肌への保湿も行うようにしましょう。
そうすることで、花粉による症状も和らぎ乾燥を防ぐことができます。

空気清浄機にはイオン発生機や保湿機能も付いていますので、有効です。

粘膜が乾燥すると、花粉を体内にいれないようにするためのバリアが崩れてしまいます。
うがいなどをしてのどを潤し、目薬、点媚薬などで対処することで、ある程度の花粉の侵入は防げます。
保湿によって肌全体を乾燥から防ぎ、肌荒れから守りましょう。

花粉症による肌荒れの薬について

肌荒れに影響を及ぼすといわれているスギ花粉は、花粉症疾患をもつ人にとっても脅威的な存在です。
とくにアトピー性皮膚炎の疾患がある人は、花粉が皮膚につくことで発疹を生じることもあります。

これらを予防する薬に、ワセリンが効果的だといわれています。

ワセリンは薬局で簡単に購入可能で、ワセリンを肌に塗ることで乾燥を防ぎ、花粉が肌に付着するのを防止してくれます。
ワセリンはこうした症状による肌荒れの予防にも効果的です。

花粉症による肌荒れ―かゆみについて

花粉症の人の中には花粉が肌に付着することで、かゆみを生じる人がいます。

とくに女性の場合は、化粧品の成分がよけいに花粉を付着させてしまうそうで、肌荒れなどのトラブルを起こす人もいるそうです。
花粉はかゆみなどの目同様にかゆみを起こさせるため、掻くことによる肌荒れを起こしたり、炎症を起こしたりします。

こうした症状を和らげるためにも、花粉症に有効な薬をつかったり、肌の乾燥を防いだりするなどの対策を、早い段階からとっておきましょう。

福井製薬のタウロミンには、皮膚のかゆみを緩和させ、また、皮膚の機能を高め、塗り薬の効き目を助け、治りを早くする作用もあります。
また、花粉症の鼻炎の原因となる、環境やアレルゲン(花粉など)に負けない、丈夫な粘膜をつくり、免疫力を強くしながら、鼻炎の症状を止めるお薬です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする