ヘルペスについて

ヘルペスの症状

ヘルペスとは、文字通りヘルペスウィルスに感染することで発症する発疹の一種です。
皮膚や粘膜にウィルスが感染し、水ぶくれや痒みといった症状が現れます。

ヘルペスウィルスは誰でも持っている菌でストレスや疲労、風邪などで免疫が低下したときに暴れやすいと言われています。
ヘルペスにはいくつかの種類があり、それぞれ引き起こされる病気も違ってきます。

またやっかいなことにヘルペスは再発を繰り返しやすく、治ったと思ってもまたすぐに症状が出るケースも珍しくありません。
また体質によっても発症しやすい、しにくいといったことも関係しているようですね。

口唇ヘルペスについて

口唇ヘルペスは「風邪の華」や「熱の華」と言われていますよね。
華といってもそんなきれいなものではありません。

口唇ヘルペスの症状は口や唇の周りに小さな水ぶくれが出来るのが特徴的です。
何度も感染している人は、水ぶくれが発症する前の段階で違和感を感じ、ヘルペスが出来るのがわかるという人も中にはいるほどです。

ヘルペスは接触や唾液でも感染してしまいます。
子供の頃に親から感染した場合は症状が軽度ですが、大人になってヘルペスに感染すると重症化しやすいとも言われています。

陰部のヘルペス

ヘルペスウィルスには2つのタイプがあり、主に口や目などの上半身に感染することが多い1型と性器や陰部など下半身に感染することが多い2型とに分かれます。
性器ヘルペスや陰部ヘルペスは主に性交渉によって感染して発症する病気です。

外陰部に水ぶくれや潰瘍ができる急性型は、発熱や倦怠感といった全身症状、痛みのために排尿や歩行が困難になるなどの症状があわれます。

過去に一度感染したことがある場合はウィルスは神経節に潜んでおり、抵抗力が低下したときに活性化して発症するケースがあります。
この場合は急性型とは違って比較的症状は経度で1週間以内に治る場合が多いようです。

ヘルペス脳炎について

重い急性脳症のなかにヘルペス脳炎があります。
ヘルペス脳炎の症状は頭痛や異常行動、全身痙攣、記憶障害、言語障害といったものです。
ヘルペスウィルスが脳に侵入し、神経細胞を壊死させるというとても恐ろしい病気で最悪の場合は死に至るとまで言われています。

日本人の90%は体内にヘルペスウィルスを宿しているといいますが、殆どの場合は口唇や帯状疱疹といった症状にとどまります。

年間400人近くがヘルペス脳炎に掛かっており誰もが発症の可能性を抱える怖い病気でもあります。
ヘルペスウィルスが暴れださないように、常日頃からストレスや疲労をためないような生活を心掛けていきたいですね。

プリジアは、各種、菌・ウイルスに有効で、人間の病院手術器具を消毒する際に使用される、グルタラール 次亜塩素酸ソーダ と同等の除菌力を有しながら、厚生労働省が定める食品添加物を原料に生成された人体やペットに対し極めて安全性の高い除菌消臭水です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする