白癬症について

白癬症(はくせんびょう)の症状―痒み

白癬症は輪状に発症する発疹や水ぶくれといった症状が現れ、比較的強い痒みを伴うのが特徴です。

白癬症が発症する部分は手や足、東武、陰嚢、又、爪部分など様々な箇所に発症します。
足の裏にできる白癬症はいわゆる水虫ですが、白癬症は人へ感染する恐れ乗るやっかいな菌です。

そのため白癬症にかかってしまった場合は二次感染を防ぐなどの対策を取る必要があり、早期治療が望ましいといえます。
白癬症の中には痒みをあまり感じないものもあり、発見が遅れてしまうケースもあるようです。

白癬症がなかなか治らない場合は影に糖尿病などの別の病気が潜んでいる場合もあります。

白癬症の原因

白癬症は真菌、いわゆるカビが皮膚に感染、寄生することが原因で発症すると言われています。
とくに夏の暑い時期には足白癬症が多く発症し、人が多く利用するプールやシャワー、大浴場などでの二次感染が原因となる場合も多いです。

白癬症は一度かかると完治までに時間がかかる非常にやっかいな真菌症の一つです。
そのため、感染後は他への感染を避け、早期治療が望ましいです。

白癬症は皮膚の角質成分であるケラチンを栄養源にしてどんどんと増殖していきます。
爪や毛髪にはこのケラチンが豊富に含まれているため寄生しやすいそうです。

白癬症の治療法

白癬症の治療には、ステロイドや抗真菌薬が用いられ、場合によっては内服薬も併用して行われます。
薬を飲んだからと言って直に治るというわけではなく、2~4週間ほどの期間は要するようです。

ドラッグストアーでも白癬症の薬はいくつか売られていますが、強い水虫などの場合はやはり病院でも治療を要することもしばしばです。

白癬症は人からの感染が原因となることがありますが、白癬症にかかった人と同じ浴室やパスマットなどを使ったからといって、すぐに感染してしまうほどの強い感染力はありません。

高温多湿などの白癬症が好む環境条件が整った状況下にいると、1日~2日で皮膚に入りこんで菌が増殖していくようなので、感染しそうな場所に行った後はすぐに綺麗に洗い流すなどの予防措置をとることをおすすめします。

医薬品「メンソレータムメディクイックH」は、頭皮湿疹に着目し炎症をしっかり抑え、つらいかゆみを鎮めます。

>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする