乱杭歯について

乱杭歯(乱ぐい歯)とは

乱杭歯は、歯並びの中でも特に悪いもので、でこぼことしていて、不揃いに生えている状態をいいます。
乱杭歯は別名で叢生歯(そうせいし)とも呼ばれています。
犬歯が飛び出して生えている八重歯も乱杭歯の一種です。




乱杭歯の原因

乱杭歯になる原因として言われているのは、アゴの発達が未熟であるということです。
最近の子供はあまり硬い食べ物を摂取しない傾向にあり、噛む力が弱くなりアゴの発達が未熟になりがちだそうです。
本来生えるはずの歯がアゴに治まりきらなくなることが乱杭歯の原因と言われています。

乱杭歯の矯正治療

乱杭歯を治すためには歯列矯正が行われます。
治療方法は場合によっては歯を抜いて治療が行われる場合もあります。
また小さいうちからアゴが小さいため乱杭歯になる可能性があるとわかっている場合は、床矯正でアゴそのものを広げる治療方法もあります。

乱杭歯の矯正期間

乱杭歯の矯正期間は大人であるか、子供であるかでも違ってきますし、乱杭歯の状態によっても矯正期間は個々に違ってきます。
通常の矯正ならば最低でも2,3年はかかると言われていますので、乱杭歯の場合でも例外ではないと思います。

乱杭歯の部分矯正

乱杭歯は一部分などごくわずかな箇所のみの凹み程度なら全体ではなく部分矯正で治療をすることもできます。
その場合、歯を支障ない範囲で削って、歯が収まる隙間を作って矯正することになります。
部分矯正の場合の矯正期間は1年前後で歯の裏側の矯正も可能と言われています。

乱杭歯と抜歯

最近はなるべく歯を抜かない矯正治療を行う病院が多いですが、絶対抜かないでできるのかと言えば、そうではないケースもあります。
アゴの大きさに対して歯を削っても収まりきらないと判断された場合は、抜歯してスペースを確保する必要がでてきます。
抜歯を余儀なくされた場合は、親不知や虫歯などを抜歯して健康な歯を残す方向で治療が行われています。

乱杭歯の治療とセラミックの差し歯について

年齢や歯茎の状態によってワイヤーを使っての歯列矯正が不可能と判断された場合、乱杭歯の治療法としてセラミックの差し歯を勧められる場合があります。
神経部分を残して周囲の歯を削り、セラミックでできた差し歯を被せるというものです。
セラミックは1本数万円かかり高額ですが、通常の矯正に比べて期間が劇的に短いことが特徴です。

乱杭歯の矯正の費用

乱杭歯の矯正治療は自費治療となるため、矯正歯科で値段に違いがあります。
また、乱杭歯の程度によっても違いますし、歯の裏側から行う舌側矯正でも矯正費用が違ってきます。
一般的に歯の裏側に行う矯正は治療も割高で期間も長めになると言われています。
地方や都会でも値段は違ってくると思いますが、大抵は50万円以上は最低でもかかると思います。

以下の本は、矯正治療専門クリニックのドクターたちが「矯正治療」にまつわる実際とその本音を語り、美しい歯並びのための歯科治療についての様々な知識が載っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする