ジルコニアセラミッククラウンとは

ジルコニアセラミッククラウンとは

ジルコニアセラミッククラウンとは、義歯の一つで非常に審美性に優れたものです。

セラミッククラウンの内側が金属ではなくジルコニアという材質を利用しています。
そのため、また金属が溶けだすことによっておこる歯茎の変色の心配もなく、金属アレルギーを解消する材質と言われています。

見た目も天然の歯に近い白さで、マスキング効果が高いため、場合によってはオールセラミックよりも綺麗に仕上がる場合があるそうです。

強度も金属と同じレベルの強さと言われており、奥歯やブリッジにも利用されています。

ジルコニアセラミッククラウンのデメリット、欠点

ジルコニアセラミッククラウンは人工の差し歯、被せものに使用されますが、一般的には審美的な目的の治療で利用されています。

このジルコニアセラミッククラウンはまだ新しい材質のため、詳しい予後報告、参考となる資料に乏しいのが現実です。
そのため欠点やデメリットもまだよくわかってないと言えますが、しいていうなら治療の高さでしょうか。

そして色調はオールセラミックに比べると劣ってしまいます。

そして強度が強いため本物の歯よりも硬いため、周囲の歯を痛めてしまう可能性があることもデメリットとして言われています。

ジルコニアクラウンの料金

ジルコニアクラウンは歯を綺麗に見せるための審美的な治療を目的とするため治療費に保険が適用されません。

ジルコニアクランは自由診療のため各歯科で価格設定が違いますが、平均相場でみると1本あたり10万~15万円といったところです。
ハイブリッドセラミックが5万円~8万円と言われているので、およそ倍の価格ですね。

一度の治療で数本行う場合はセット割引を適用しているところもあります。
値段の高さはシルコニアの性能と比例しているようで、やはりいいものは高いということでしょうね。

ジルコニアブリッジについて

一般的なブリッジ治療では強度の強い金属を使うことが多いですが、審美的な面で欠点をもっています。
ジルコニアブリッジはそうした金属の欠点を補い、強度も金属よりも強いと言われています。

また見た目が非常に綺麗で、内側に金属を使っていないため歯茎への影響も殆どなく変色しません。

症例写真をみても見た目が本物の歯と見分けがつかないぐらいの自然な仕上がりになっています。

ジルコニアセラミックブリッジも変色しにくいため、数年経過しても綺麗な白さを保ちます。

以下の本は、ナノジルコニアを活かしたオールセラミック修復について、審美歯科に携わる歯科医師・歯科技工士のための臨床ガイドです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする