舌苔の原因や、ケア、治療法について

舌苔とは

舌苔とは、舌の表面に付着している白い苔のようなもののことです。
舌苔とは白黄色だったり、褐色状になっているものもあります。
飲食やしゃべったりして舌を動かすことである程度は取れますが、加齢とともに舌の動きも鈍くなりだんだんと落ちにくくなるとも言われています。

舌苔の原因

舌苔が出来る原因は、食べかすや上皮細胞が剥がれたものが、舌乳頭と呼ばれる細かいヒダに引っかかり蓄積されることで出来ます。
唾液の量が少ないと、カスが留まりやすくなり舌苔が出来やすくなってしまいます。
その他にも薬の影響、ストレスなどが原因で出来る場合もあるそうです。

舌苔は病気のサイン?

舌苔はときに病気のサインともなります。
舌苔は唾液の分泌量の影響を受けますが、その唾液の分泌量は内蔵神経との関連が深いと言われています。
例えば舌苔が多く分厚くなってくると上部消化器官や胃粘膜の状態が良くないと言われています。

黄色の舌苔について

一般的に舌苔は白色が正常の状態であり、それ以外の色の場合は何かのサインとなる場合があります。
黄色の舌苔は口腔粘膜や消火器などに炎症が起こりやすく、口内炎や胃潰瘍、胸やけなどの症状が起こりやすくなるそうです。

舌苔は口が臭い原因に

舌苔には細菌が存在するため、とても臭いです。
そのため、臭い口臭の原因になってしまいます。
口臭が気になり始めたら、まず舌苔のケアを行って清潔な状態に保つよう心掛けましょう。
舌苔がなくなることで、口臭もかなり改善されると思います。

舌苔のケア、治療法について

舌苔の治療は歯科や口臭外来などで行われています。
舌苔が出来る原因を探ることが先決ですが、なにはともあれまずは舌を綺麗に清掃することが大切です。
毎日舌のケアを行うことで舌苔はだんだんと少なくなって、口臭も気にならなくなると思います。

舌苔の取り方(除去方法)

最近は便利グッズで、舌苔を除去するアイテムも販売されています。
舌専用の歯ブラシもドラッグストアーに売られていますよね。
自宅でできる取り方として、人差し指にタオルを巻いて掃除するといった方法もあり、舌苔の取り方は様々です。
まずは気軽に始められるものから取り入れてみましょう。

舌クリーナーは、口臭の原因となる舌苔を取り除く、やさしくかき出すブラシタイプの舌クリーナーです。

舌苔を漢方で改善する

舌苔は時に体の不調を知らせるサインとなる場合もあり、体の中から原因を改善させるという意味で、漢方が用いて改善させる方法もあります。
漢方は体質そのものを改善に導いてくれるものでもあり、舌苔も出来にくくなる体質作りが期待できます。
とってもとってもすぐ出来てしまう、なかなか取れないという舌苔には漢方治療はおすすめかもしれません。

一元の小柴胡湯は、舌苔の原因になる、主に胃腸の不調について改善が期待できる漢方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする