多形日光疹について

多形日光疹(たけいにっこうしん)の症状

多形日光疹とは春から夏に発生しやすい皮膚病で、肌が露出した箇所に日光を浴びることで数分から数時間、ときには数日経過後に皮疹がでるといった症状の病気です。

現在でもはっきりとした原因はわかっていませんが、太陽の光にたいする異常反応と思われ、光線過敏症の一種と言われています。

いわゆる日光アレルギーというものですが、もともとアトピー性皮膚炎をもっている人にも光線増悪現象の一種としてこの多形日光疹が発症するケースもあるそうです。

その他、肌に塗布した薬が要因となって多形日光疹を引き起こす場合もあります。
塗布した部分に日光が当たると紅斑や丘疹、ひどい場合には浮腫や水疱が生じることもあるようです。

多形日光疹の治療

多形日光疹の治療は症状が軽度の場合は遮光し、肌の露出を防ぎ日光から肌を守る方法をすすめられます。

症状が出ても日光を避けることで数分~数時間もすれば発疹などの症状はほとんどの場合は消退していきますが、時に症状が悪化する場合もあります。
その場合にはステロイドなどの外用薬や抗ヒスタミンの内服薬が治療に用いられることもあります。

通常ですと、そう神経質になる必要はなく、加齢とともに症状が軽減し、発症しなくなるということが多いのが多形日光疹の特徴だそうです。

多形日光疹を日焼け止めで予防

多形日光疹は日光にあたることで起こる皮膚の過剰な反応が原因で、主な予防法は肌の露出を防ぐ遮光が一番の措置ともいえます。

しかし、軽度の場合ですと日焼け止めクリームを用いることである程度の予防措置を取ることが可能と言われています。
ただ、万人に通じるというものではなく、程度によっては日焼け止めクリームだけでは予防しきれないこともあり、発疹が出てしまったということもよくあります。

そういう方は日焼け止めクリームはあくまでも二重の予防措置として日焼け止めを塗ったうえで肌を露出しないようにしておきましょう。
顔には日焼け止めクリームや女性ならファンデーション、帽子やサングラス等でなるべく日に当たらないような服装で出かけるようにしましょう。

オードヴィーブ・サンスクリーンは,全成分天然由来で、敏感肌の方にも使える美容液としての日焼け止めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする