口の中のできものについて

口の中のできものの病名は?

口の中にできるできものには、口内炎などのように1,2週間で自然に完治する良性のものから、癌などの悪性のものまで様々です。

口の中のどの部分にどんなできものが発症してるのかで見分けることが可能です。

口内炎なら誰でも一度は患ったことがあると思いますが、いつもと違うできものを発見したらすぐに病院へ行くようにしましょう。

口内炎や舌炎の治療には口内炎パッチ大正Aがおすすめです。
口内に貼るパッチが炎症をおさえ、傷口の治りを早めます。

口の中のできもの―白いもの

口の中の白いできものといえば、口内炎が多いです。
その他、乳頭腫や良性の腫瘍、カンジダ、手足口病などあります。

痛みがあれば早期に発見でき治療もスムーズに行きますが、痛みがないできものは発見も遅くなりがちなため危険です。

口の中に痛みのない白いできものができた場合は悪性の癌の可能性が高いため早期に治療が必要です。
例えば舌癌などは舌の表面にできることは稀で裏側にできることが殆どです。

ハミガキ時など舌の裏側も時々見るようにして早期発見を心がけましょう。

口の中のできもの―黒いもの

口の中にできるできものの殆どは白か赤みを帯びた色をしています。

口の中にできる黒いできものには血腫(血豆)や黒毛舌などです。
どちらも重病な疾患ではありません。

癌は黒いというイメージから癌ではないかと心配される方も中には居ると思いますが、口の中にできる癌は白色です。
黒より白いできものに注意しましょう。

口の中のできもの―痛くないもの

口の中にできるできものの中で注意しなければならないのが痛みのないできものです。
痛くないから大丈夫だと勝手な自己判断をしていては、手遅れになる危険性があります。

口の中に白っぽいできものがカリフラワー状にできたら要注意です。
患部が痛くない場合は癌の可能性があります。

通常のできものなら2週間もあれば改善させていきますが、一向に改善されない場合はすぐに病院で検査をうけましょう。

口の中のできものの写真

もし自分の口の中にできものを発見したら、口の中のできものを写真で詳しく解説しているHPなどで、症例を参考に調べてみることができます。

良性か悪性か見分けがつかないものも中にはあり、素人判断は難しいかもしれませんが、症例写真は典型的なパターンを載せているものが殆どなので、似た症状の場合は大体の病気を判断できます。

しかし病名がわかっても治療をしなければならないものもありますので、病院で診てもらうほうが無難かもしれませんね。
また、自分の口の中のできものを写真にとってメール相談するのも手段の一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする