口唇ヘルペスの治療薬としての軟膏について

口唇ヘルペスの治療用の軟膏

口唇にできるペルペスの治療には主に軟膏が用いられます。
軟膏の他にも病院では飲み薬が処方されることがあります。

これらの薬にはヘルペスの発症を抑える抗ウイルス剤が含まれており、薬を用いることで治りも早くなり、新たな発症を抑えることができるそうです。

処方されるヘルペスの塗布薬はアシクロビルやビタラビンが主です。
病院へ行かずに、薬局でヘルペスの薬を買う場合は、アクシロビルやビタラビンの成分が含まれたものを選ぶと良いでしょう。

価格の相場としては1000円前後といった所です。

大正口内軟膏は,口内炎・舌炎などの治療を目的として開発され、患部への密着性が良く,口の中で長時間患部を覆う口内用軟膏薬です。

口唇ヘルペス用の軟膏―市販のもの

口唇ヘルペスの治療薬である軟膏は市販でも売られています。

ヘルペス軟膏のCMもありますよね。
他にも大正製薬から発売しているヘルペシア軟膏などいくつか種類があるます。

大正製薬のヘルペシア軟膏の公式ページ
http://www.taisho.co.jp/herpecia/

いずれの場合も、口唇ヘルペスの治療に有効な成分である、アシクロビル(ゾビラックス)やビタラビン(アラセナ)が含まれています。
病院で処方される医療用の場合は、これらの成分が5%~配合されていますので、配合率が同じものであれば効果も同等なので、病院に行って診察料を払うことを考えれば、薬局で市販の薬を買うほうが経済的かもしれませんね。

しかし、薬を塗っても治らない、なおってもすぐに再発してしまう場合などは他の病気が潜んでいることも考えられます。
もし再発を繰り返したり、薬の効き目が感じられないときは速やかに病院へ行きましょう。

通常のヘルペスならば抗ウイルス剤が入った軟膏を塗ることで1週間~2週間で治ります。

楽天市場で口唇ヘルペス治療商品を見る(軟膏、パッチなど)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする