歯列矯正での失敗

歯列矯正で失敗してしまう場合

歯列矯正で失敗してしまうことはあるのでしょうか?残念ながらあるようです。

もちろん、成功し、結果に満足されている方もたくさんいるようですが、矯正する期間が、最初告げられた期間より長くかかってしまうとか、歯列矯正によって一旦きれいになったのに、何年か後に、また元の悪い歯並びに戻ってしまった、という例もあるようです。
これなどは、また高い治療費を払ってもう一度歯列矯正をするのか、という話になってしまいます。

また、歯列矯正の専門医の場合、虫歯の治療はやっていない場合があり、矯正中に虫歯になったら、他の歯科医の病院に行かなくてはならない、ということもあります。
これも時間と労力、さらに費用の面でも負担になる場合があります。
両方に対応できる先生がベストですね。

しかし、普通の歯医者さんで、歯列矯正もやっている先生の場合、矯正に関しては経験が浅い、ということがあるので、避けたほうがよいです。
元々、歯に力をかけて移動させていくものなので、間違った治療などされると、歯の間に隙間ができたり、元々きれいに並んでいた部分の歯がズレてしまったり、ひどいのになると、無理な力のかけ方のせいで歯の神経が死んでしまった、ということもあるようです。
もしくは、治療の途中で状態がひどくなってきたのに、先生があきらめるような発言をした、という報告もあります。

また、歯列矯正というのは、保険適用外となることがあり、本来高い費用がかかってしまうことがありますので、結果に満足できないと、さらにがっかりしてしまいます。
場合によりますが、ン十万単位の費用がかかることもあります。
しかし、そのような高い病院では、歯列矯正のみならず、骨格まで矯正して、顔のゆがみから矯正してしまい、呼吸も快適になり、視力もよくなるなどの効果まである治療をしてくれるところもあるようです。
高いから優秀、ということばかりではないでしょうが、ただ治療費が格安、というだけで、病院を選ぶと、リスクがあることは考えたほうがよいでしょう。

歯列矯正での失敗やトラブルを避けるためには、まず、日本矯正歯科学会が認定した認定医の資格がある歯科医さんを探すべきでしょう。
学会のホームページもあるので、確認してみるとよいです。
http://www.jos.gr.jp/

そして、最初から一人の先生に決めてしまうのではなく、複数の先生に相談をしてみて、さまざまな意見を聞くことも大事です。
おそらくレベルの違いなどで、同じ症状を聞いても、先生により、色々な意見が出てくることがあります。
それから、最終的に判断して、病院を決めましょう。
もしくは、症状が重いのなら別ですが、そもそも歯列矯正の治療をするかしないかという判断をすることもあるかもしれません。

歯列矯正の失敗の症例

歯列矯正の失敗の症例とは、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、歯列矯正をする際に、歯をずらしていく前に、そのための空きスペースを確保するために、犬歯を抜かれてしまった、という人もいるようです。
しかし、犬歯は他の歯より、もともと大きいので、抜いてしまったことによって、その部分の顔の肌がへこんでしまったという話もあります。
そしてさらにへこんだせいで、前には無かったシワができてしまった、というものです。
この時点で、審美的な理由で歯列矯正をしていることもあるのに、失敗といえるでしょう。

さらに見た目のこと以外でも、鼻の呼吸に障害が出るようになってしまうこともあるようです。
これは完全に歯列矯正に失敗してしまった症例ですが、問題なのは、もし、このような治療をする医者にかかってしまったら、事前に防ぐことが難しい、ということです。
どういうことかというと、この犬歯を抜いたらどのようなリスクがあるかについては、このような先生に限って、事前にちゃんとした説明をしないことが多いからです。
しかも、年齢のいった一見ベテランに見える先生でも、このようなことは可能性としてあるということです。

また、他の例では、元々神経の死んでいた歯を残して、隣の健康な歯を抜かれてしまったり、元々顎骨が薄かった状態だったのに、そこに強引な力をかけたせいで、歯髄が死んでしまい、骨と歯が根元でしっかりおさまらなくなり、歯肉だけでつながっているような状態になってしまった例もあります。
この人は治療の最中から、違和感、痛みを感じて、それも訴えていたが、担当医師は、それは仕方が無いこと、として取り合ってもらえなかったというのです。
それでも不安を覚えて、他の歯科で診察を受けたところ、歯槽膿漏なのかと思っていたら、そのような状態であることを知らされ、このままでは、この歯は失うことになるとまで言われたそうです。
この医師も事前に、この人の歯の状態をしっかり把握できていなかったのでは、ということになります。

さらに、患者は、ある程度担当医師を信じて治療を受けますから、もし間違った治療をされていても、気づくのが遅くなってしまう、ということもあるのです。
高い治療費を事前に払ってしまっていたら、余計、後悔がつのります。

そして、このような歯列矯正専門の歯科のホームページには、成功例しか載せませんから、失敗のリスクを意識するのが難しいです。
さらに、実際の体験談などを書き込む掲示板などでも、実名を出すと、そのサイトの運営者が、実名を出された医院から訴えられることもありますから、実名書き込みは削除されることが多いのです。
探せば、実名を出さずに実体験の失敗の症例をつづったページも見つかります。
もちろん真偽の判断は難しいところですが、判断の材料にしてみるとよいでしょう。

歯列矯正の失敗で歯茎退縮になるの?

歯列矯正の失敗によって歯茎が退縮してしまった、ということはあるのでしょうか。

残念ながら、あるようです。
そのような場合、もちろんきちんとした歯列矯正を施して、対処することが重要であるのですが、日ごろのケア、つまり歯磨きの方法が間違っているために歯茎が退縮してしまうことも多いのです。
つまり、強すぎる、誤ったブラッシングによって歯茎を傷つけてしまう場合があります。

正しいブラッシングといっても色々あると思いますが、まず、気をつけることは、歯と歯の隙間に向かってブラシを細かく動かしてやること。
そして、歯周ポケットといわれる歯と歯茎の隙間や歯茎自体にはブラッシングしなくてもよい、という点でしょう。

そして、リペリオという、歯肉活性化用の歯磨き剤というものもあります。
こういったもので日頃から歯茎、歯肉のケアをしていくのも大事です。試してみてもよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする