歯列矯正とは

歯列矯正について

歯列矯正は、虫歯の治療などとは違い、審美的な理由、つまり、歯並びの美しさを手に入れることによって、見た目の印象をより明るく清潔感のあるものにしたい、という理由が多いようです。

アメリカなどでは、歯並びのよさに関して、意識が高いのですが、日本では、口を閉じてしまえばわからない部分でもあるせいか、あまり、歯列矯正までやって直そうとまでは考えない人も多かったようです。
しかし、最近では、歯並びが前後にデコボコだったり、出っ歯、受け口などもコンプレックスに感じてしまって、大きく口を開けて笑えない、という悩みを抱える人もいて、歯列矯正に対する関心も高まってきているようです。

しかし、それほど歯列矯正が一般的でない分、治療に関する知識も十分に広まっているとは言い難く、高い料金を取られるのではないか、逆に歯に悪影響はないのだろうか、などの不安を持つ人も多いようです。
確かに、世には、歯列矯正が簡単で短期間で結果が出るような印象を持たせる、誇大広告ではないかと思える宣伝をしているところもありますから、そのような歯科病院には注意が必要です。

しかし、歯列矯正には、先ほど言ったような、見た目の美しさだけでなく、歯並びが整って、食べ物をしっかりとよく噛んで食事ができるのは、動物実験や子供への調査でも、記憶力や計算能力に違いが出るとの報告があるようですし、心身ともに健康を目指すうえで、歯列矯正をしっかりと理解していくべきでしょう。

歯列矯正の方法(歯列矯正の治療工程)

歯並びを治すための歯列矯正にはいくつかの方法があります。

一般的な矯正方法はブラケットという装置を歯の表面に固定して、ブラケットにワイヤーを通して、毎月少しずつ調整しながら歯をゆっくり動かすといった方法です。

ブラケットも目立つことを嫌う場合は、歯の裏側につけて矯正する方法もあります。

歯列矯正をするためには、まず矯正歯科を受診してレントゲンを取るなど簡単な検査をして、矯正のおおよその期間や費用など概算をだしてもらいます。

本格的に治療が決まれば歯の型を取ったあと、抜歯が必要ならばまず抜歯を行い、虫歯など治療が必要な歯を先に治していきます。

その後、ブラケットを装着し、しっかり歯にくっついたら、ワイヤーを通して矯正が開始されます。
ワイヤーは調整後1週間ほどは歯の動きにより、はがゆい痛さや違和感を感じます。
また、装置をつけて数週間から数ヵ月はなれないため、しゃべりにくかったり、物が食べにくかったり、装置により口腔内が炎症を起こし口内炎になったりすることもあります。

装置をつけてから外れるまでは個人差があり2年以上掛かるが普通です。
また装置が取れてからも保定期間といって後戻りを防ぐため寝る時だけ装置をつける期間も必要になります。

「丸橋歯科クリニック」の歯科医であり、81年から「良い歯の会」の活動も行っている丸橋賢氏が、インプラント、歯列矯正などすべての歯科治療について、事前・途中のチェックポイントを、写真や図を入れながらわかりやすく解説している本があります。

歯列矯正してる芸能人っているの?

芸能人でも歯列矯正をしている人はいるのでしょうか?

アメリカの映画スターでは、俳優になったから歯列矯正をしたっていうよりは、幼少期にもう歯列矯正をしていることが多いようです。
日本の芸能人の場合、有名になってから、歯並びのよさが変わってきたという人はいるようです。
松田聖子さん、藤原紀香さんなんかはそのようなうわさがありますね。

また、仕事中はできないので、プライベート時間にするしかないですが、その時間も取れないためか、歯列矯正ではなく、差し歯などできれいな歯にしてしまう芸能人も多いようです。
真偽のほどはわかりませんが、高橋克典さんや、加藤あいさん、長谷川京子さんなんかはそのようだといわれています。

そして、差し歯にしてしまった場合、歯茎が黒ずんでしまう、という話もあります。
これは、施術の際に神経を抜いてしまうのと、土台の金属が影響してしまうといわれています。
見た目が商売の芸能人ですから、このような噂話も出てきてしまうようですが、確かにアメリカのトップスターたちは、歯並びがよく、歯も真っ白な人が多いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする